浮気が原因で離婚を考えている方へ

結婚生活において浮気が原因でもめる夫婦はホントに多いです。

浮気と聞くと男性が!といったイメージがありますが、最近では女性も浮気をしてもめるパターンも増えて来ているようです。

ここでは浮気が原因で離婚を考えている方へどういった流れで進めていけば良いのかについてまとめていますので、配偶者の方の浮気で悩んでいる方は参考にしてみてください。

目次

離婚と浮気

離婚をする原因は人それぞれ色々とあるのですが、夫婦が離婚する原因の一つに浮気があります。

浮気をした、不貞行為をしたことによる離婚はかなり件数が多いとされています。

日本の離婚件数の9割は現在協議離婚なのでその理由というのは明らかになっていないのですが、1割に当たる協議離婚以外の人の場合には理由がはっきりと分かっています。

現状としては浮気や不倫が原因で離婚をするという人はかなり多く、年々増えている傾向にあるともされています。

どちらかが浮気や不倫をしている場合に相手の証拠を押さえないまま、相手が不倫をしていることに気がつかないまま相手のペースで離婚をしているという人もいます。

例えば性格の不一致を理由にして離婚を申し出された場合にはただ単に性格の不一致だけだったのかどうかよく考えてみた方がいいですね。

もしかするとその離婚の申し出の裏には浮気があるかもしれませんしそれ以外に理由があるのかもしれません。

結局ただの性格の不一致だと思って離婚の原因を特に追究しないまま離婚をして、離婚後にトラブルになるという人も多いといわれています。

例えば夫や妻に浮気の疑いがあるとされるのはこんな時です。

携帯電話を家では電源を切るとか、持ち歩いている、着信音をならないようにしている、発信履歴や着信履歴を消している、休日出勤や深夜の帰宅が多い。

理由を聞くと怒る、家族とのコミュニケーションの時間が減ったなどの場合には浮気を疑った方がいいかもしれませんし、離婚に踏み切る前に探偵や弁護士に相談してみましょう。

離婚に向けて浮気の証拠を掴む準備をするには?

離婚をしようと考えている人の中には、探偵事務所や興信所を利用しようと思っている人も中にはいると思います。

探偵事務所や興信所は今全国にかなりの件数がありますからどこに依頼すればいいのかわからない人もいると思います。

離婚をするにあたって、有利に離婚に持っていけるようにするための情報や証拠が必要だと思ったら探偵事務所や興信所に依頼するのが一番です。

では数多くある探偵事務所や興信所の中から離婚に有利な事務所を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。

まずその事務所の責任の所在を公開していないようなところは信用できませんから選んではいけません。

そして契約する内容などについては詳しく説明をしてくれるところと契約をしましょう。

事務所によっては調査にかかる費用が大幅に違っていますからいろいろと比較したうえで選ぶ必要がありますし、追加の料金が発生するのかしないのかということもしっかりと確認しておきましょう。

調査に必要な人や機械、情報収集についてはどのような方法でどのようなレベルのスキルを持っているのかなどについても依頼する前に調べておく必要があります。

離婚をするにあたってスムーズにできればいいのですが、慰謝料がもらえない、離婚してもらえないというケースも珍しくありません。

その場合は離婚に有利な情報を得る必要がありますからそのために、探偵事務所や興信所を利用するということは、お金を支払ってでも必要になることもありますので覚えておきましょう。

離婚と不貞行為

一言に浮気と言っても不貞行為についてしっかりと把握しておくことで浮気が原因で離婚するにあたってに優位になりますので、不貞行為についても少しご説明しておきます。

不貞行為というのは浮気や不倫のことを言いますが配偶者以外の人と性的関係をもつことを不貞行為といいます。

これは本人の自由意思の元で性的行為をする場合に適応されます。

民法上は浮気という言葉を使うのではなくて、不貞行為というような使い方をして、性的関係を持たない、つまり肉体関係を持っていない場合には不貞行為とはされていないのですが、1回でも肉体関係を結んでいるという場合には不貞行為に当たります。

離婚をする際に裁判に発展するケースで一番多いのが不貞行為とされています。

1回の不貞行為なら許されるということでもないのですが、1回だけの浮気で離婚の判定が出たことはあまりありません。

裁判で離婚の原因として判定を受けられる不貞行為というのは継続的に続いている肉体関係や男女関係といわれていますから、1回だけの浮気や家族を大事にする気持ちや反省の色が強い場合には離婚原因として扱われないケースも多いでしょう。

浮気が原因で離婚を痛いと思っている時には不貞行為が行われた事実を証拠として出す必要があります。

裁判離婚に限らず、調停離婚でも協議離婚でも、浮気の証拠があれば慰謝料を有利にもらえますから証拠があった場合には不貞の証明がその証拠から必ずしもできなかったとしても、残しておきましょう。

夫婦の信頼関係が崩れる証拠となれば離婚として認められますので一気に進めたい方は焦らずに証拠をしっかりと集めてから進めていきましょう。

まとめ

結婚生活において少しでも日常と違うな!と違和感を感じた場合、それをどう処理するのかは人それぞれです。

性格によっては何も言えずに我慢する方もいるでしょうし、スッキリしたいからという理由で直球で相手に問う方もいるでしょう。

なんにしても一度は愛した相手が浮気をしたという現実を知ってしまうとショックは大きいです…

現実を知った時の感情は複雑な感情が湧き出てくるとは思いますが、一旦冷静になって、自分自身の今後の人生を見据えてちゃんと向き合って考えてください。

その中で浮気を許せずに離婚を考える方に少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

日々の私生活にプラスα知っておくとお得に私生活が楽しめるような情報を発信していっております。
のんびりゆる~く発信していきますので宜しくお願い致します。

コメント

コメントする

目次
閉じる