自分に合った筋力トレーニング方法は?

ヘビーな筋トレでなくても日々無理のない範囲で軽めの筋トレを継続していく事で、健康維持にも繋がります。

もちろん筋力トレーニングで体を鍛えたいと思っている人は多いでしょう。

ここでは一言にトレーニングといってもどういったものがあるのか?

この辺をまとめておりますので是非参考にしてください。

特に今男性の中では細マッチョというような新しい言葉も出ていますから、ムキムキのマッチョではなく、細くてもマッチョの体になりたいと思っている人も多いと思います。

筋力トレーニングをすることで、マッチョな体が作り上げられるわけですが、筋力トレーニングといっても、色々な方法があります。

鍛える部分によっても筋力トレーニングは違ってくると思いますが、たとえば、どこをトレーニングするかですね。

腹筋を鍛えたいと思っている人もいるかも知れませんし、中には、腕を鍛えたいと思っている人もいるかも知れません。

体全体をトレーニングで鍛えたいと思っている人もいるかも知れませんから、その鍛える場所は色々です。

筋力トレーニングをする際に、トレーニングジムに通ったりする人も多いですが、家で筋力トレーニングをするためのマシンなども販売されていますから、そちらを利用して毎日トレーニングに励んでいるという人はいるのではないでしょうか。

男性に限らず、女性でも筋力トレーニングをしている人は多いといわれています。

女性が筋力トレーニングをする理由としては、筋力をつけることで筋肉が付きます。そうすれば同じ生活、同じ行動をしていても、自然と基礎代謝がアップするのです。

ですから、ダイエットに効果的であるということから、筋力トレーニングを行う女性が今増えているといわれています。

目次

大胸筋トレーニング

大胸筋トレーニングとは、行うことで猫背を解消することもできますし、それだけでなく女性にとってはうれしいバストアップにもつながるトレーニングです。

姿勢が悪い人で猫背の人がいますが猫背になっている原因というのは、胸の筋肉の大胸筋が縮んでしまっていて、胸の位置が極端に下がっていることが原因で起きているといわれています。

ということは、縮んだ大胸筋をトレーニングすれば、胸の筋肉も元に戻りますから、しっかりと上を向いた筋肉になります。

大胸筋トレーニングはこのためバストアップにも効果があるといわれているのです。

バストアップのための大胸筋トレーニングの方法をここで紹介したいと思います。

両手は顔の前で合わせましょう。

このとき胸の筋肉を緩めてください。

そして両腕を左と右左右に大きく開いて、肘を直角になるまで曲げながら上に手を上げていきます。

そして腕を後ろに伸ばしたり、背中に意識をして力を入れて胸の筋肉を伸ばしていきます。

こうすることでしっかりと大胸筋を鍛えることが出来ます。

大胸筋トレーニングマシンなどもスポーツジムへ行けばあると思いますから、こちらを利用すればスムーズに大胸筋を鍛えることが出来ていいかも知れませんね。

女性にとってバストアップは年齢とともに悩みとして出てくることでもありますから、大胸筋トレーニングを行うことで、年齢とともに下がってくるバストをすっきりとアップさせることが出来ますのでお勧めです。

スロートレーニング

ストートレーニングはアメリカで開発されたトレーニング方法で、ケン・ハッチンスという人が考えたトレーニングの方法です。

普通に行われているウエイトトレーニングと比較してみてもかなり、ゆっくりなペースで行うトレーニングですから、安全で、より効果的に筋肉を鍛えることが出来るというトレーニングの方法です。

スローとレーニングの方法としては、軽めの負荷をかけて、その付加で10秒から5秒間を目安に行って、負荷を少しずつ増やすというのが一般的なスロートレーニングの方法です。

スロートレーニングは、従来のトレーニング方法と比べてみると、とても安全でゆっくりした動きをして行いますから、けがやトラブルにつながりにくいというようなメリットがあります。

トレーニングで無理をしてしまっては、スポーツをしている人などは、何のためのトレーニングなのか本末転倒になってしまいますが、トレーニングで負荷をそれほどかけずに鍛えられるということは、とてもいいことだと思います。

スポーツ選手たちもスロートレーニングに注目して今行っていますが、スポーツ選手以外でも、最近はスロートレーニングを高齢者の人のリハビリや、怪我をした人のリハビリの一環として行っているケースが増えているといわれています。

スピードもゆっくりですし、とても安全に行われるトレーニングですから、お年寄りやけがをした人でも、安心して行えるトレーニング方法として、今注目されているのです。

トレーニング器具

トレーニング器具は色々なものがあります。

トレーニングをするなら、スポーツジムに通った方が、色々な目的に合わせた器具が置いてありますから、一番いいと言えばいいのですが、やはり定期的にスポーツジムに通うお金も時間もないという人の方が多いのではないでしょうか。

その点家でも手軽にできるトレーニング器具なら、時間もお金も気にせずにトレーニングを毎日続けることが出来ますからお勧めです。

トレーニング器具は、色々な種類のものがありますが、何を選べばいいのか分からない人もいたし、どれを選べばいいのか、わからない人も多いと思います。

トレーニング器具は何でも同じで、何でもいいと思っている人もいるかも知れませんが、場所に合わせて、筋肉トレーニングの目的に合わせて、しっかりと選ぶ必要があるのです。自宅でトレーニング器具を選ぶ場合には家にあったもの、自分に合ったものを選びましょう。

トレーニング器具を買ったはいいけど、3日坊主でなかなか続けることが出来なかったという人も多いといわれていますから、自分が継続して続けられるのかどうかを見極めることも大切です。

またトレーニング器具は、使わなくなったらオークションで売ればいいと思っている人もいるかも知れませんが、オークションに出品してたとえ売れても、送料がかなりかかるので、大変なことになると思います。

トレーニング器具選びは慎重にしっかりと行いましょう。そうしなければ後で失敗してしまいます。

腹筋トレーニング

腹筋が割れている体はとても素敵ですが、腹筋を割れさせたいからといってもむやみに腹筋をしたところで、きれいに腹筋が割れてくれるとは限りません。

腹筋トレーニングをするという場合には、正しい方法で行わなければいけません。

腹筋トレーニングで真ん中を鍛えたいと思っている人の場合には、まず仰向けに寝て、そして膝を▼に曲げましょう。

そして手のひらを頭の後ろにもっていき、足は両ひざを曲げた状態で寝てください。

そして必ず腹筋トレーニングを行うという場合には、腹筋に意識をもって集中しながらお腹を見ながら行いましょう。

腹筋トレーニングを行う場合に、背中が猫背になってしまったり、背中まで地面から上げようと思ってはいけません。

無理をして背中もあげてしまうと、首や肩に負担をかけて傷めることになりますし、トレーニングの効果が腹筋に集中しないと思いますから、注意しましょう。腹筋トレーニングを行う場合には、反動はつけないでゆっくりと無理せずに10回程度続けていきましょう。

簡単な腹筋トレーニングが出来てくれば、少しアレンジして、足を立てるのではなくて、宙に浮かせて膝を曲げて軽く足首を組んだ状態で、腹筋トレーニングを行うといいと思います。

さらに腹筋に負荷がかかることになりますから、腹筋トレーニングの効果がアップします。

腹筋トレーニングは1度や2度行っただけでは全く効果が表れませんから、数回、数日、継続して続けることが大切です。

加圧トレーニング

加圧トレーニングとは、テレビなどでも紹介されていたり、女優やモデルも利用しているとして注目されているので知っている人も落ちお思いますが、加圧トレーニングとは、圧力をかけてトレーニングを行う方法のことを言います。

足と腕の付け根の部分に圧力ベルトを巻くことで、血液の流れを一時的に止めてしまいます。

この血液の流れがあまりないような状態でトレーニングを行うことで、通常のトレーニングよりも、短い時間で、軽い負荷でも十分にトレーニングの効果を得ることが出来るというものです。

加圧トレーニングの一番のメリットは軽い負荷でも、かなり大きな効果が表れることがメリットです。ですからスポーツ選手たちも短期間でトレーニングをするために加圧トレーニングを行いますし、それだけでなく、高齢者の健康維持のためのトレーニングとしても加圧トレーニングは進められています。

リハビリをする人を目的としても加圧トレーニングは利用されているので、幅広い場所で加圧トレーニングが行われています。

加圧トレーニングが家ではできません。

足の付け根や腕の付け根を自分の判断で締め付けて行ってしまえば、やり方を間違えると大変なことになりますから、正しい方法でトレーナーのいる加圧トレーニングの教室などで、行うようにしましょう。

加圧の圧力の数値などもその人に合ったものを調べたうえで適正値で制限されていますので、その点についてもよく理解したうえで行いましょう。

チューブトレーニング

チューブトレーニングはゴムチューブを使ったトレーニングの方法です。

チューブトレーニングはかなりトレーニング効果が高くて筋肉をつけることはもちろん、骨粗鬆症の予防にも効果があるともいわれています。それだけでなく、ダイエット効果や骨盤矯正の効果もあるとして、チューブトレーニングは人気があります。

チューブトレーニングで、体のたるんでしまった部分をすっきりと引き締めれば、自分が引き締めたいと思っていた筋肉に対して刺激を十分に与えることが出来ますから、かなりダイエット効果を期待できることになります。

チューブトレーニングは最近色々なトレーニングジムなどでも取り入れられていますし、骨盤矯正や整体などでも、チューブを販売しており、チューブトレーニングを自宅で行うことを進めているというような話もあります。

チューブトレーニングと言えば、チューブピアスというものがありますが、このピアスはつけているだけでダイエット効果があるというものだそうで、一か月ですぐにダイエット効果が表れて半年で10キロ以上痩せたという人も中にはいたようです。

チューブトレーニングとはあまり関係がないかも知れませんが、今チューブを使ったトレーニングやこういったものはかなり注目されていますから、体を鍛えたいと思っている人や、ダイエットをしたいと思っている人は、一度チューブトレーニングを行ってみるといいかも知れませんね。効果の高いトレーニング方法の一つです。

ダンベルトレーニング

ダンベルトレーニングはとても安全で筋肉を鍛えるためには効率のいいトレーニング方法といってもいいと思います。

ダイエットなどではジョギングやウォーキングを行なう有酸素運動を30分は行った方が脂肪を燃焼させる効果があっていいといわれていますが、ダンベルトレーニングは脂肪を燃焼させる働きはありませんが、筋肉をつけることが出来るので、ダイエットには効果的です。

なぜ筋肉をつけることがダイエットに効果があるのかというと、筋肉をつければ基礎代謝がアップしますから、それが新陳代謝を活発にしてくれますので、ダイエットにつながるのです。

ダンベルトレーニングだけに限らず、有酸素運動で脂肪燃焼効果も同時に行えば、さらにダイエット効果はアップするといわれています。

トレーニングマシンは場所もとるしなかなかそろえることが出来ないという人も多いと思いますが、ダンベルトレーニングなら、ダンベルを購入するだけなので手軽に購入できるのではないでしょうか。

ダンベルトレーニングは普通のダンベルを購入してもいいですし、最近はペットボトルの中に砂を入れたり、100均で販売されているダンベルなどもありますので、そちらを利用すればコストをかけずに手軽にダンベルが出来ていいと思います。

ダンベルトレーニングで適度に筋肉をつけながら有酸素運動を組み合わせれば、綺麗なボディラインを残したまま、ダイエットに成功することが出来ますからお勧めです。

トイレトレーニング

トイレトレーニングは人間でもペットでもありますが、ここでは赤ちゃんのトイレトレーニングについて紹介したいと思います。

トイレトレーニングを開始させる時期というのは個人差があります。

育児書などには早ければ早い方がいいというようなことも掲載されてはいるのですが1歳を過ぎたころから始める人もいますし、2歳ごろから始める人もいるので、トイレトレーニングを何歳から始めるのかということについては、人それぞれ違っています。

トイレトレーニング開始の場合には赤ちゃんがトイレに興味を持つことや、おしっこ、うんちを気持ち悪いと感じられることが大切です。

そしてトイレに座ってみて、1度でも成功すれば、それが自信につながりますし、その時点で親が誉めてあげれば、ここでおしっこをすれば、ほめてもらえると覚えますので、トイレトレーニングがスムーズに進むのではないでしょうか。

この時点は犬も人間もほとんど同じですね。

子供さんの場合にはトイレトレーニングをする際に、トイレに何かお楽しみを考えてあげるのもいいと思います。

1回成功すれば、シールを貼れるようにするなどの工夫をしてあげるだけでも、スムーズにトイレトレーニングが進みますから、工夫次第では、すぐに取れてしまう人もいるといわれています。

トイレトレーニングがなかなか進まないとイライラしてしまうこともありますが、ゆっくり、その子のペースに合わせて気長に続けていくことが大切です。

視力回復トレーニング

視力回復トレーニングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?視力回復トレーニングとは、視力を回復させるためのトレーニングです。

ここ数年、小学校の低学年の子供の視力が低下していることが注目されているのですが、それだけ視力低下の若年理恵かが進んでいることがわかります。

眼鏡を小さいうちからかけて生活をするというのは、かなり負担に感じるという人もいるのではないでしょうか。

視力回復トレーニングは、メガネに頼らないで、一旦視力が落ちてしまっていても、トレーニングをすることで、視力を回復させようというのが目的のトレーニングです。

視力回復トレーニングの方法は色々とありますが、視力が見えない原因を解消して、水晶体にピントが合う範囲を広げるために色々と鍛えていきます。

全国に視力回復トレーニングのセンターがありますので、もしも視力を回復させたいが、コンタクトレンズやメガネ、レーシックなどの方法以外で考えたいと思っているのであれば、視力回復トレーニングを行うということが大切かも知れませんね。

視力回復トレーニングなら、メガネをかけるわずらわしさも、コンタクトをつけるわずらわしさからも解放されますし、レーザーを目に当てて行うレーシックも受ける必要もありませんから、とても自然な方法で視力回復をさせることが出来ます。

視力回復トレーニングは自宅でも出来る場合もありますし、センターへ通って行う方法などもありますから、色々と調べてみてはいかがでしょうか。

トレーニングパンツ

トレーニングパンツは色々な種類があります。

子供さんがトイレトレーニングをしている最中に使うようなトレーニングパンツもあれば、スポーツのトレーニングをする際に履くトレーニングパンツもあります。

ここではスポーツの際のトレーニングパンツについて紹介していきたいと思います。

トレーニングをする際のトレーニングパンツを選ぶ際の注意点としては、体にフィットしていて、動きやすいものを選ぶことが必要です。

最近は色々な素材のトレーニングパンツが販売されています。

たとえばポリエステルやナイロンで作られているものもあれば、ジャージ素材や綿で作られているものなどもありますから、トレーニングパンツといっても多種多様です。

トレーニングパンツをこれから選ぶ場合には目的に合わせて選ぶといいでしょう。

ヨガのトレーニングをする際などには、体にフィットしているようなタイプのトレーニングパンツのほうがいいと思いますし、マラソンをする際のトレーニングパンツの場合には、逆に少しラフな感じで、あまり締め付け感の内容なトレーニングパンツがいいという場合もありますから、自分が行うトレーニングの種類に合わせてトレーニングパンツを選ぶといいと思います。

トレーニングパンツを選ぶ際の方法として他にもブランドやデザインで選ぶという方法もありますね。

ブランドもデザインも色々とありますが、販売されたばかりや限定のデザインなどは比較的高いですから、1年型遅れなどを選ぶといいかも知れません。

メンタルトレーニング

メンタルトレーニングとは、スポーツ選手が体を鍛えるトレーニング以外に、精神面について鍛えるトレーニングというイメージを持っている人も多いと思います。

しかしメンタルトレーニングというのはスポーツ界だけではありません。

ダイエットをする場合や仕事をする場合、ストレスなどに対してもメンタルトレーニングは必要です。

メンタルトレーニングは、心を鍛える、精神面を強くするという意味で行われています。

メンタルトレーニングはイメージトレーニングをすることと、精神安定のリラックスをすることの二つの意味から成り立っています。

イメージというのは頭の中で思い浮かべることですが、イメージトレーニングが出来るようになれば、試合に勝てる自分をイメージできる、ゴルフなどではこのパッドを必ず入れるとイメージすることで本当に入れることが出来るなどのメリットにつながります。

イメージトレーニングが出来るようになることがメンタルトレーニングの成果にもつながります。

そしてリラックスすることもメンタルトレーニングの目的ですが、試合で窮地に追い込まれているときでもいつでも冷静に、対処できることで、試合に勝つことが出来るということはよくあります。

これも日頃からのメンタルトレーニングが大切です。

ダイエットをしていてもメンタルトレーニングが大切だと言いましたが、日ごろからメンタルトレーニングをしていれば、ダイエットで挫折しそうになった時も乗り越えられるというわけです。

体幹トレーニング

体幹トレーニングというトレーニングがありますが、この方法は、体のどの部分をトレーイングするのかと言えば、体の根本的な幹の部分のトレーニングということになります。

ということは、幹の部分ですから、胴体部分や太もも、その周りをトレーニングで鍛えることになるというわけです。

体幹トレーニングを行うことのやり方などは特にありませんが、体の中心の部分が鍛えられればそれで体幹トレーニングと呼べると思います。

しかし具体的なトレーニング方法が分からなければどうすればいいのか分からない人も多いと思います。

体幹トレーニングの方法としては、チューブを使ったトレーニングが効果的です。

それほど負荷をかけなくてもいいのでチューブの強度は強弱どちらでも結構です。

体幹トレーニングのやり方として、仰向けに寝ます。そして片方の足を上下にゆっくりと動かしましょう。

足にチューブを縛った状態でこれを行うだけで、かなり鍛える効果が実感できると思います。

体幹トレーニングは、体を鍛えるだけでなく、他にもダイエットの効果などもありますので、ダイエットをしたいと思っている人も、チューブ一つでこのトレーニングを行ってみてはいかがでしょうか。

毎日行うことで、ダイエットと体を鍛えることの両方がかないますからお勧めです。

行う際の注意点は、片足だけ鍛えるのではなく、必ず両足をバランスよく鍛える方がいいと思いますから、両足を鍛えるように注意することが大切です。

背筋トレーニング

背筋トレーニングとは、背筋を伸ばしてトレーニングをするという方法を背筋トレーニングと呼んでいます。

背筋トレーニングの方法はとても簡単です。背筋がまがっている人はまずしっかりとのばしてください。

そして顎を引き気味にして、姿勢を正しましょう。

最近はパソコンを長時間行っている人が多く、同じ姿勢でずっといることになりますから、それが体への負担になるというケースも多いといわれています。

からこりの原因を解消するためにも背筋トレーニングは効果的です。

背筋トレーニングはダイエットや体系維持にもとても効果的です。

背中の筋肉が衰えてしまうと、自然と人の体というのは猫背になってしまうといわれています。

猫背になればその分腰も曲がってきて余計な筋肉が腰のまわりからお腹のまわりにかけてついてしまいますから、それが太る原因にもなります。

猫背はバストの位置も下げますので、体全体が太っている感じになっていきます。こうした中高年によくある太り方を解消させる方法として、背筋トレーニングは効果的です。

ダイエットで辛い運動をしなくても、ダイエットでわざわざ食事制限をしなくても、背筋トレーニングをするだけで、すっきりと綺麗な体系維持をすることが出来るのです。

背筋トレーニングは今、ダイエット目的、リハビリ、筋力トレーニングと、色々な分野で 行われており、手軽にできるトレーニングですから、毎日継続して行うことがお勧めではないでしょうか。

トレーニングマシン

トレーニングマシンといえば、何を想像しますか?やはりスポーツジムに沢山置いてあるトレーニングマシンを連想する人が多いのではないでしょうか。

スポーツジムへ行けば数種類のトレーニングジムを使って体を鍛えることが出来ますから、体を本格的に鍛えたいと思っている人はスポーツジムに通うのが一番いいと思います。

しかし時間的にも経済的にもスポーツジムへ通う余裕がないという人の場合には、自宅にトレーニングマシンを購入して毎日鍛えるという人も多いのではないでしょうか。

自宅で購入するトレーニングマシンといっても色々なものがあるのですが、1台で何役もできるようなものを選ぶというのもいいですよね。

1台で一種類のトレーニングしかできないものもありますが、最近は1台で、何種類ものトレーニングが自宅でできるマシンもありますから、もしも本格的に体を鍛えたいと思っている人は、1種類ではなく数種類のトレーニングが出来るようなタイプを選ぶことをお勧めします。

トレーニングマシンは通販やカタログショッピングサイトなどで見ると色々な種類が販売されています。

口コミや評判なども合わせて、自分が継続できそうなマシンを選ぶようにするといいですね。

自分が続けられないようなものを選んでも、意味がありませんから、できるだけ自分が続けられるものを選ぶようにしましょう。

せっかく買ったのに、トレーニングマシンが埃をかぶって放置されているなんてもったいないですからね。

インナーマッスルトレーニング

インナーマッスルトレーニングが今注目されていますがご存知でしたでしょうか。

インナーマッスルトレーニングとは、どんなトレーニングなのかというと、体の内側についている筋肉をトレーニングすることを言います。

通常トレーニングマシンなどを使って筋肉を鍛える場合には、アウターマッスルという、外についている筋肉を鍛えることが一般的ですが、インナーマッスルは内側の筋肉を鍛えるトレーニングのことを言います。

普通の人はインナーマッスルトレーニングを行うことはあまりないといわれています。

しかし実はアウターマッスルよりも、インナーマッスルの方が重要な筋肉といわれているのです。

インナーマッスルを鍛えてトレーニングすることで、新陳代謝も良くなりますし、女性の場合にはダイエットの解消にもつながります。

インナーマッスルは骨の近くにある関節を固定する働きがありますので、老化と防止に現れてくる関節痛に関しても、インナーマッスルトレーニングを行えば、予防できることにつながります。

それだけでなく、インナーマッスルトレーニングでは、健康のためにもなりますし、肩こりの解消や腰痛の解消にもつながるといわれていますから、お勧めです。

激しいトレーニングではなくゆっくりと意識しながらその部分を鍛えるトレーニングで、どちらかと言えばそんなに毎日激しいマシントレーニングをするというよりも、ピラティスやヨガなどでインナーマッスルを鍛えることもできます。

滑舌トレーニング

滑舌が悪いといわれている人は、滑舌トレーニングを行って少しでも滑舌が良くなるように毎日努力をすることが必要だと思います。

具体的にはどうやって行えばいいのかというと、よく劇団四季などでも利用されている方法なのですが、「おうあうえうあああういおいあえあう」と、すべての言葉をあ行に直して言えば、滑舌トレーニングにつながるといわれています。

ですから、おはようございますだったら「おあおうおあいあう」というようにあ行に直すことが出来ると思いますから、あ行に直して大きな声で、少し口を大きく開き気味で、発声練習をするのがいいと思います。

この方法は劇団四季以外でも、利用されている滑舌トレーニングの方法として利用されている方法で、以前もテレビ番組で、滑舌が悪い人が、この方法を何度も何度もトレーニングしていたらかなり、滑舌がよくなっていたということがありましたので、実証済みです。

普段からトレーニングとして毎朝起きたときに、トレーニングをするように心がけておくといいかも知れませんね。

なかなか突然トレーニングをし始めたところですぐに効果があるというわけではありませんから、普段からのトレーニングが必要です。

滑舌トレーニングは毎日やってこそ効果が表れてきますから、効果が表れてきても、さらに滑舌を良くするために、何度も何度も利用するというのがいいかも知れませんね。努力次第で滑らかに話すことが出来るようになりますので、トレーニングは大切です。

サーキットトレーニング

サーキットトレーニングとは1種類のトレーニングを行うのではなく、数種類のトレーニングを色々と組み合わせて行うようなトレーニングの方法を言います。

数種類のトレーニングを組み合わせて一通り行っても、また最初のトレーニングに戻って行います。

普通のウエイトトレーニングとは、サーキットトレーニングは何がどう違っているのかというと、1種類のトレーニングと次のトレーニングの合間に休憩を入れずにつなげて最初から最後までトレーニングを一連の流れとして行うことが違っています。

こうしてサーキットトレーニングを行うということは、常に負荷がかかっていることになりますから、この付加が、筋肉トレーニングにとても効果的で、筋肉を増大させてくれますし、全身の持久力を鍛えることにもつながります。他にもサーキットトレーニングは一つ一つのトレーニングの負荷は、ウエイトトレーニングと比べると軽め担っています。

休憩せずにトレーニングを行うので、ウエイトトレーニングのように辛い負荷をかけ過ぎるトレーニングでは体が持たないのです。

サーキットトレーニングを行う場合には、1分間ごとに1種類のトレーニングを行って次次に複数のトレーニングを行っていきます。

パワーを養うだけでなく、スピードや持久力についてもつけることが出来るサーキットトレーニングは、あらゆるスポーツのトレーニング方法として利用されています。スポーツ選手たちに効果的なトレーニングをさせてくれるのです。

危険予知トレーニング

危険予知トレーニングというトレーニングがあるのですがご存知でしょうか?危険予知トレーニングとはKYTというような頭文字だけでも知られています。

危険予知トレーニングを日々おこなっておくことで、毎日安全に過ごすことが出来るとされています。

特に子供に対しての危険予知トレーニングを導入している学校や子供会や今増えているといわれています。

危険予知トレーニングが、なぜ子供たちの間に必要なことなのか、最近の子供というのは直接体験がなかなかできない環境で育っていますから、危険を予知したり、危険を回避する能力が、昔に比べると低下しているといわれています。

そのため、今までは自然と身についていた危険予知能力をわざわざトレーニングで見につけさせるというわけです。

とは言え、危険予知トレーニングは具体的には何をすればいいのでしょうか。危険予知トレーニングでは、まずは色々と日常生活の現場を見ながら、この状況でどんな危険があるのか、どんな危険が隠れているのかということを話し合ったり、どこが危険であるか、危険な場所について具体的に話し合いをしていきます。

そして危険の回避法についても話をします。

危険予知トレーニングを行っている子供と、行っていない子供の危険な目に遭ってしまう率というのはかなり違ってきますから、今の世の中何があるかわかりませんので、危険予知トレーニングを行うようにして、十分に注意しなければいけないのではないでしょうか。

ラダートレーニング

ラダートレーニングというトレーニングを知っていますか?ラダートレーニングとは、俊敏性をアップさせるためを目的としているトレーニングです。

ラダートレーニングのラダーというのははしごという意味があります。

昔子供のころにけんけんぱをして遊んだ経験があるという人も多いと思いますが、ラダートレーニングはこうしたけんけんぱの遊びのような感じではしごを使ってトレーニングを行います。

ラダートレーニングを行うということは、脳から伝達されて動く速度をアップさせることが出来るようになります。

ラダートレーニングを行えば、普段はあまり使わないような筋肉も鍛えることが出来ますから、女性の場合にはダイエットの効果もあるのではないでしょうか。

神経系のメンタルトレーニングも含めて、こういったトレーニング方法にはラダートレーニングがとても効果があるといわれています。

ラダートレーニングはそれだけを行うのではなく、他のトレーニングと組み合わせて行うこともできますので、色々な種類のスポーツやジャンルのことのトレーニング方法として今人気を集めています。

ラダートレーニングは筋肉だけでなく、有酸素運動をしていることにもなりますので、鍛えるトレーニングとダイエットの効果があります。

女性でもラダートレーニングなら、手軽に行うことが出来ますから、ダイエットをしたいと思っている人、体を鍛えたいと思っている人は、一度ラダートレーニングを行うといいかも知れませんね。

まとめ

トレーニングと一言でいっても様々なトレーニングがありますのでここで紹介したトレーニングでも知らないものがあった方もいるかと思います。

気になるトレーニングがありましたら是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人

日々の私生活にプラスα知っておくとお得に私生活が楽しめるような情報を発信していっております。
のんびりゆる~く発信していきますので宜しくお願い致します。

コメント

コメントする

目次
閉じる